ごあいさつ

ごあいさつ

当社は、細胞培養用培地、体外受精関連培地・試薬の総合メーカーであるIrvine Scientific社(米国)の製品を広く国内外のお客様にお届けするため、1989年に埼玉県戸田市に創立されました。
Irvine Scientific社の細胞培養用培地、体外受精関連培地・試薬は、独自の技術力を活かした製品として世界中のお客様からご好評頂いております。また近年、再生医療・細胞治療研究用製品の開発にも注力し、こちらの分野でもお客様のご期待に応え始めたところでございます。

このような状況下、2018年6月、当社およびIrvine Scientific社は富士フイルム株式会社のグループ会社となり、新たなスタートを切りました。
ヘルスケア領域の成長戦略を掲げる富士フイルムは、バイオ医薬品の開発・製造受託や再生医療などの分野に積極的に経営資源を投入し、事業拡大を進めております。
今回、当社およびIrvine Scientific社が富士フイルムグループに加わることによって、バイオ医薬品から体外受精・細胞治療の領域にわたり培地の幅広い製品ラインアップを保有することとなり、培地事業の更なる成長・加速が期待されます。
また、富士フイルムが写真フイルムで培った高度な化学合成力・設計力やグループ会社が持つ細胞の作製・培養技術と、Irvine Scientific社がこれまでに培ってきた独自の技術を融合することで、これまで以上にお客様のご期待に応えたハイレベルな培地の開発を加速させることができるものと確信しております。
当社はこれからも、培地・試薬製品の先がけとして世界のライフサイエンスを牽引し続けるべく、弛まぬ努力を続けてまいります。
皆さまの平素からの多大なるご支援に感謝申し上げますとともに、引き続きご愛顧賜わりますようよろしくお願い申し上げます。