製品情報 PRODUCTS

体外受精関連製品

凍結保存用培地
カタログ番号99176

精子保存液(ヒト血清アルブミン含、卵黄不含)

Sperm Maintenance Medium 5 ml×12本
  • ヒト由来成分含
  • 510(k) 取得済み
記号の説明はこちら
記号の説明
  • ヒト由来成分含
  • 動物由来成分含
  • 抗生物質含
  • 510(k) 取得済み
詳しくは品質保証ページをご覧下さい

20 mg/mlのHuman Serum Albumin(ヒト血清アルブミン)、28% Glycerol(グリセロール)、HEPES(N-2-hydroxyethyl-piperazine-N'-2-ethanesulfonic acid)を含み、卵黄や抗生物質は含まない。卵黄由来の不透明な黄色の着色がなく透明なので、凍結融解後の精子をComputer Assisted Semen Analysis(CASA)で評価する場合にも利用できる。また、精子の膜に卵黄の成分が付着することがないので融解後の洗浄操作が容易。本培地は文献で報告されている組成を改良したもので、抗生物質を除きHEPESを添加したことにより安定性が増し、Glycerol濃度を28%にしたことにより必要な培地の量が低減化され、品質の秀れない検体の処理にも有用。抗生物質を含まないので抗生物質に対するアナフィラキシーを引き起こす可能性のある場合の人工授精等を目的とする凍結処理にも有用。

    • 使用目的
      精子の凍結保存。
    • 組成
      Human Sperm Preservation Medium1) の組成を改良した培地。主な変更は、Osmolalityの低減、緩衝能の増強、AlbuminとGlycerolの濃度の増加。
      主な成分:
      Sodium and Calcium Lactate(乳酸ナトリウムおよび乳酸カルシウム)
      Sucrose(ショ糖)
      Glucose(ブドウ糖)
      HEPES(N-2-Hydroxyethylpiperazine-N'-2- ethanesulfonic acid)
      Glycerol
      Human Serum Albumin
      塩類 他
    • 品質確認試験
      ロットごとにpH、Osmolality、Endotoxin、Sperm Motility Recovery Assay 及び無菌性が試験される。
    • 使用方法
      1. 2ないし3日間の禁欲期間の後に用手法により精液を採取する。
      2. 室温または37℃で30分間精液をおき液化させる。
      3. 本培地を融解し、室温または37℃に加温する。抗生物質を添加する必要があれば、必要量を添加する。
      4. 液化した精液の容量を測り、滅菌済みの15 mlのコニカルチューブに移す。
      5. 精液 : 本培地が3:1の割合になるまで本培地を1滴ずつ滴下して加える。
      6. 精液と本培地の混合液を凍結用ストローやcryotube等に適当量ずつ分注する。
      7. プログラムフリーザーや液体窒素蒸気凍結法による緩慢凍結法または錠剤化凍結法等で凍結する。
      緩慢法例:アルミナケーンの先端にcryovialをつけ、500 mlの水を入れたプラスチックビーカーを用意し、室温でcryovialのついたケーンの先端を水に浸ける。続いて、ビーカーごと2から8℃の冷蔵庫に入れ、60から90分間ゆっくりと冷却した後に凍結する。
    • 保存温度
      -10℃以下
    • 有効期間
      製造後2年
      ※開封後の有効期限
      使用上の注意に従い、適正温度で保管すれば、ラベルに記載された使用期限まで使用可能である。
    • 使用上の注意
      異物の混在や溶液に濁りがみられた場合、着色がみられた場合には使用しないこと。 抗生物質は添加されていない。必要に応じて添加する際にはアナフィラキシーを引き起こす可能性のある抗生物質は使用しないこと。 ヒト由来の成分が含まれており感染の可能性が完全に否定されたものではないので感染防止の措置をとること。 凍結融解を繰り返さないこと。余剰分を保存する場合は、開封時に先ず無菌的に必要量ずつ分注し、使用時まで-10℃以下で保存すること。
    • 参照文献
      1)Madadevan M and Trouson AO ; Effect of cryoprotective media and dilution methods on the preservation of human spermatozoa. Andrologia, 15 : 355, 1983
      Sherman JK ; Cryopreservation of human semen. In : Keel BA and Webster BW (eds). CRC Handbook of the Laboratory Diagnosis and Treatment of Infertility. Boca Raton, FL, CRC Press, p229, 1990
      Wong PC, et al. ; Sperm washing and swim-up technique using antibiotics removes microbes from human semen. Fertil Steril, 45 : 97, 1986
      Wells MA, et al ; Inactivation and partition of human T-cell lymphotrophic virus, type III, during ethanol fractionation of plasma. Transfusion, 26 : 210, 1986

体外受精関連製品のお問い合わせ・ご注文はこちら

  • お電話でのご注文

    0120-41-1581

    受付時間 平日09:00〜17:00

  • お電話でのお問い合わせ

    048-433-2034

    受付時間 平日09:00〜17:00

  • FAXでのご注文

    048-433-2112

    24時間受け付けております。

    ※ご返信は営業時間内となります。